fufufu TOP  > 連載記事一覧  > マサカなサカナ  > 魚料理の気になるニオイを解消! / マサカなサカナ〈第1回〉

なるほど!食の知識

魚料理の気になるニオイを解消! / マサカなサカナ〈第1回〉(3/3)

掲載号 vol.36

記事内容

読了時間:5分

生ゴミの処理、手についたイヤなにおい対策方法

ゴミのにおいも意外に大きい悩み。

あとは、魚料理の後に出る、内臓や骨などの処理がイヤで魚を避ける人も多いね。ゴミのにおいの問題だ。ゴミの日までのことを考えると、おっくうになっちゃうんだろうね。においが出ないように処理するには新聞紙の活用を。ゴミを新聞紙で包むんだが、ちょっとしたコツがある(下を参照)。中の空気を抜くようにして固く包んでから、ビニール袋に入れ、空気を抜いて固く口を結ぶ。こうすると、たとえ炎天下に置いたとしても、3日はにおいが気にならない。これでゴミの日までにおいが出ないわけ。

ほらね。魚は確かににおいが気になる食材だけど、きちんと処理すれば、何も問題はないんです。魚はくさいもの、というのが思い込み。今後も、この連載をきっかけに、食卓に魚が登場する機会が増えることを祈ってます!

においを抑えるゴミの処理方法

ゴミの日までのにおいが困る……。そんな悩みは新聞紙で解決!
新聞紙は吸湿力、消臭力が高く、イヤな生ゴミのにおいを抑えてくれる。

  1. 1

    1日分の朝刊を用意し、そこから2枚を抜いて敷いておく。抜いた2枚は2回たたんで、敷いた新聞の上に置く。その上に魚の骨や皮などのゴミを、水を切ってから置く

  2. 2

    下から斜め上に巻くように包んでいく。時々、中の空気を抜くために巻いた部分を手前に引っ張る

  3. 3

    90%ほど包んだら、空気を抜くように両端を折り曲げ、最後のひと巻きをきつく締める

  4. 4

    空気を抜くように全体を押さえたら、ポリ袋に入れて、空気が入らないようしっかり口を結ぶ

手についたにおいは蛇口で取れる!

手に魚のにおいがついたときは、手を水で濡らしてぎゅぎゅっと蛇口を握ればOK。ステンレスのイオン効果でにおいが消える。料理し終えたまな板も、ステンレスたわしで洗おう。

この記事の関連記事

もっとみる

みんなのfufufu

雑誌版だけの限定企画も!

太陽笑顔fufufu 最新号

2019 AUTUMN Vol.38

太陽笑顔fufufu 雑誌版を定期購読(無料)しませんか?

いつまでも元気で、充実した生活を楽しんでもらいたい。
そんな想いから生まれたフリーマガジン『太陽笑顔fufufu』は、
冊子も送料もずっと無料でご購読いただけます。

  • 電子書籍で手軽に

    デジタルマガジン
  • 紙の本でじっくり

    無料 定期購読の申込
ロート製薬からの様々な情報をお届け ココロート・Park