fufufu TOP  > 連載記事一覧  > 作り置きおかずレシピ  > 豚肉の生姜焼き/ビタミンB1補給作り置きレシピ

しっかり!栄養レシピ

豚肉の生姜焼き/ビタミンB1補給作り置きレシピ

掲載号 WEB限定

vol.2

記事内容

  • 豚肉の生姜焼き(2食分)

  • ポークハンバーグ(2食分)

読了時間:2分

この先生に聞きました!

松村眞由子先生

松村眞由子先生

まつむら まゆこ

管理栄養士、料理研究家
日本女子大学 非常勤講師

日本女子大学家政学部食物学科を卒業後、短大助手、大手料理教室で教室企画、レシピ開発などを担当後、独立。調理科学、栄養学など専門性を生かしつつ、主婦としての観点をもって「つくりやすく、おいしく、体によい料理」を提案。書籍、雑誌、料理教室講師など、幅広く活動している。著書に「毎日の台所」「お弁当生活便利帖」(池田書店)、野菜で探す「健康食べ合わせ手帖」(主婦の友社)他多数

この先生の他の記事をみる

豚肉の生姜焼き(2食分)

疲労回復に! 豚肉でビタミンB1をチャージ!

冷凍保存
4〜5
エネルギー(1食分)
358kcal
調理時間(目安)
10

材料

  • 豚ロース肉(薄切り)

    200g

  • A
    • しょうが汁

      大さじ1/2

    • 大さじ1/2

    • 片栗粉

      大さじ1

  • 玉ねぎ

    1/2個(100g)

  • 大さじ1/2

  • B
    • しょうゆ

      大さじ1

    • みりん

      大さじ1

作り方

Step1
豚肉は4cm長さに切る。Aをもみ込む。
Step2
玉ねぎは5mm厚さに切る。Bは合わせる。
Step3
フライパンに油を温め、豚肉、玉ねぎを炒める。 肉の色が変わったらBを加え、からめる。

ポークハンバーグ(2食分)

豚肉を使って、こんな作り置きも! ビタミンB1も アリシンもバッチリ!

冷凍保存
4〜5
エネルギー(1食分)
309kcal
調理時間(目安)
20

材料

  • 豚ひき肉

    200g

  • 玉ねぎ

    1/4個

  • しそ

    5枚

  • 小さじ1

  • A
    • 小さじ1/4

    • こしょう

      少々

    • パン粉

      大さじ2

    • 1/2個

  • B
    • ケチャップ

      大さじ1

    • 大さじ1

    • しょうゆ

      小さじ1

    • みりん

      小さじ1

作り方

Step1
玉ねぎはみじん切り、しそは軸を切り、半分に切って細切りにする。
Step2
ひき肉にAとStep1を加え、ねばりが出るまで混ぜる。 8~9等分し、楕円形にする。
Step3
フライパンに油を温め、Step2を焼く。 焼き色がついたら裏返し、ふたをして弱火で4~5分蒸し焼きする。 Bを加え、中火でからめる。
豚肉は肉類の中でも、飛びぬけてビタミンB1を多く含んでいるので、疲労回復にピッタリ。さらに、一緒に炒めた玉ねぎに含まれるアリシンという成分は、ビタミンB1と結合してアリチアミンという物質になり、ビタミンB1働きを長持ちさせてくれるだけでなく、よりスムーズに糖質をエネルギーへ変えてくれます。

レシピ考案/松村眞由子先生
〈管理栄養士、料理研究家 日本女子大学 非常勤講師〉

  • レモンのクエン酸が疲労を回復

  • ビタミンCでお肌の疲労も回復

  • 主食でビタミンB1をたっぷり補給

この記事の関連記事

もっとみる