fufufu TOP  > 連載記事一覧  > fufufuムック  > 口臭も虫歯も予防!オーラルケアの秘訣

知っトク!?健康スキル

口臭も虫歯も予防!オーラルケアの秘訣(2/3)

掲載号 WEB限定

虫歯も防ぐ!歯磨きで“菌”を洗い流そう

口臭だけでなく虫歯や歯周病の原因も、口の中の菌。お口のトラブル予防には定期的な歯磨きで“菌”を減らすことが重要です。だからこそ知っておきたい歯の磨き方があります。口臭だけでなく虫歯や歯周病の原因も、口の中の菌。お口のトラブル予防には定期的な歯磨きで“菌”を減らすことが重要です。だからこそ知っておきたい歯の磨き方があります。

歯磨きは食後30分経ってからがおすすめ

歯のエナメル質は、酸性の食物(糖分、フルーツ、酒類、酢など)によって口の中が酸性になると一時的に柔らかくもろい状態になります。この状態は、だ液に含まれるミネラル成分によって約30分で再石灰化されますが、それまでに硬いものでこするとエナメル質を傷付ける恐れがあります。きちんと歯磨きが習慣となっている人は、歯そのものを守ることを優先して食後30分経ってから歯磨きするほうがいいでしょう。ただし歯磨きの習慣が十分でない子どもや、歯周病があるなど口中に細菌がたくさんいる状態の人は、まずは毎食後すぐの歯磨き習慣を付けることから始めましょう。

ブラッシング+フロッシング(糸ようじ)

正しい歯磨きとは、歯ブラシでブラッシングするだけでなく「ブラッシング+フロッシング(糸ようじ)」をすることです。細菌の塊である歯垢(プラーク)がへばり付くのは、歯と歯ぐきの間、歯と歯の間、詰め物と自分の歯の間の3か所です。歯と歯の間はブラシが届かないので、フロスを使って念入りに。1日3回が難しいという人は、就寝前にていねいにフロスをしましょう。

フロッシング

力を入れず、1か所ごとていねいに

力を入れてゴシゴシ磨くと、歯ぐきが後退してエナメル質の下の象牙質が露出する原因になります。歯ブラシを歯と歯ぐきの境目に垂直に当てて、力を入れずに細かく微振動させる磨き方が、歯垢(プラーク)を除去するのに効果的。1か所(歯2本分ごと)10回3セット、細かく動かして毎日のケアを。

虫歯予防には
フッ素配合の歯磨き粉がおすすめ

一般的に歯磨き粉には研磨剤が含まれていますが、これらの研磨剤は歯を極度に削ってしまうことはなく、お茶やワインなどによる歯表面の着色汚れを防ぐ働きがあります。またフッ素が配合されているものは虫歯の予防には効果的です。知覚過敏専用の歯磨き粉も改善効果があります。自分に合ったものを選びましょう。

歯磨き粉

3か月〜半年に1度は歯科検診を

毎日ていねいに歯磨きをしていても歯垢を完全に取り除くことは難しく、残った歯垢は数日経つと硬い歯石になります。歯石は、歯磨き&フロスでは簡単に取り除けないため、クリニックなどでケアしてもらいましょう。虫歯がなくても3か月〜半年に1度、検診を受けることで虫歯・歯周病を防ぐことにもつながります。

この記事の関連記事

もっとみる

みんなのfufufu

雑誌版だけの限定企画も!

太陽笑顔fufufu 最新号

2021 SPRING Vol.44

太陽笑顔fufufu 雑誌版を定期購読(無料)しませんか?

いつまでも元気で、充実した生活を楽しんでもらいたい。
そんな想いから生まれたフリーマガジン『太陽笑顔fufufu』は、
冊子も送料もずっと無料でご購読いただけます。

  • 電子書籍で手軽に

    デジタルマガジン
  • 紙の本でじっくり

    無料 定期購読の申込
ロート製薬からの様々な情報をお届け ココロート・Park