fufufu TOP  > 連載記事一覧  > あなたの常識、それ本当?  > 無理しない、頑張らない。正しい風邪の対処法【インフルエンザ・新型コロナとの症状の違い】

知っトク!?健康スキル

無理しない、頑張らない。正しい風邪の対処法【インフルエンザ・新型コロナとの症状の違い】

掲載号 vol.47

あなたの常識それ、本当?プラス

風邪は季節を問わず一年中罹る病気ですが、「たかが風邪くらい」と無理をしていませんか?症状が軽いとはいえ、昔から「風邪は万病のもと」と言われるくらい、他の病気に転じてしまう可能性もあるのです。今回は感染症が専門の岸田直樹先生に、風邪をひいたときの正しい対処法についてうかがいました。

記事内容

読了時間:分

ココが違う!
風邪とインフルエンザ、新型コロナ

風邪、インフルエンザ、新型コロナ。どれも初期症状は似ていて区別がつきにくいです。中でも、一週間経っても改善せず、むしろ悪化するのは新型コロナの特徴。高熱が続く、味やにおいがわからないなど、おかしいと思ったらすぐに検査を受けましょう。また、重症化しないためにもワクチンの接種をおすすめします。冬に流行するインフルエンザの予防接種もお忘れなく。

風邪

鼻や喉などの上気道にウイルスが感染した状態。原因となるウイルスは200種類以上と言われていますが、どれも症状は軽微です。主な症状は喉の痛み、咳、くしゃみ、鼻水など。症状の進行はゆるく、通常は微熱(37〜38度)で済みます。

風邪
インフルエンザ

突然の高熱(38度以上)と、倦怠感や関節痛などの全身症状が特徴。症状が出てから12〜24時間以降に検査を行うと、感染の診断ができます。多くは4〜6日程度で症状が治まると言われています。

風邪
新型コロナ

発熱や咳、痰、喉の痛みなどが数日間持続し、鼻詰まりがないのに味がわかりにくい、においがしない、などの症状が出ることがあります。潜伏期間が2~14日間と長く、症状を自覚しないうちに広めてしまう可能性があります。

風邪
疑問1
風邪をひいたくらいで
仕事を休めない。
×
家で安静にしているのが
望ましい。

風邪は軽微な症状が多く「風邪くらいで休めない」という考え方の人が多いのは事実ですが、無理をしてこじらせてしまったり、作業効率が下がることを考えると、自分にとっても社会にとってもいいことではありません。また、ウイルスによる感染症なので、外出すると人にうつすことになりかねません。症状が治まるまで家で安静にしましょう。

風邪をおして仕事

疑問2
風邪をひいたら
すぐに病院に
行くほうがよい。
×
通常の風邪は
自然に治るので、
自宅で安静に
するのが一番。

残念ながら風邪の原因となるウイルスに対する薬はなく、病院に行っても風邪自体が治るわけではありません。通常の風邪であれば数日で自然に治ると言われており、体調が悪い中、病院で長時間待つことでの身体への負担や、風邪を人にうつしてしまうリスクを考えると、自宅で安静にしているのが一番です。ただし、高熱が続く、味覚や嗅覚の異常がある、関節痛や筋肉痛がある、などといった場合は、風邪ではない可能性がありますので、早めに検査を受けましょう。周りにコロナ重症化のリスクが高い人がいる場合も同様です。


疑問3
風邪は薬を飲めば
早く治る。
×
風邪薬は、
症状を和らげるもの。

一般的に風邪薬と呼ばれる総合感冒薬は、発熱・咳・鼻水などの風邪によって起こるさまざまな症状を和らげるもの。それは処方薬も市販薬も同じです。大事なことは、ウイルスと戦うための“自分の免疫力を下げない”こと。まずは睡眠をきちんととってゆっくり休むことを心がけましょう。その上で、身体の調子を整える漢方薬や、つらい症状を和らげる総合感冒薬を利用してください。


疑問4
身体を冷やすと
風邪をひきやすい。
×
寒さで風邪を
ひきやすくなる
ということはない。

寒い場所にいたり薄着でいたりすると、風邪をひくと言う人もいますが、身体が冷えることと風邪は関係がありません。ではなぜ冬に風邪をひく人が多いのかというと、冬は気温や湿度が低く、ウイルスが増えやすい環境だからです。また、ウイルスはヒトからヒトに感染するので、年末年始やクリスマスなど、人が集まる機会が多いのも要因のひとつ。部屋の湿度を保ち、できるだけ人混みを避けることが大切です。


疑問5
風邪のときは
無理してでも
食べて栄養を摂る。
×
食欲がないときは、
食べられるもの
だけでよい。

風邪をひいて調子が悪くなると、食欲がなくなるもの。無理をして食べる必要はありません。胃腸の調子もくずれていますから、無理に食べるとかえって消化されにくくなります。スープなどの食べやすいものや、経口補水液を摂るようにしてください。


疑問6
マスクで
風邪予防をしている。
◯
風邪予防には手洗いと
マスクが重要。
つけ方にも注意を!

風邪予防に最も効果があるのは手洗いです。マスクは予防はもちろん、周りにウイルスを撒き散らさないためにも重要です。つけ方は顔にマスクをフィットさせることが大事。隙間があるとそこからウイルスが侵入してきます。不織布マスクなら、ワイヤーを鼻の形にフィットさせ、隙間なく鼻と口を覆ってください。また、新型コロナやインフルエンザの予防接種をしている場合でも、自身がブレイクスルー感染(ワクチン接種後の感染)したり、人に感染させてしまう可能性がありますから、必要に応じてマスクをしましょう。

マスクの付け方

SHARE
記事をシェアする

この先生に聞きました!

岸田直樹 先生

岸田直樹 先生

きしだ なおき

(一社)Sapporo Medical Academy 代表理事
総合診療医・感染症コンサルタント

2002年旭川医科大学卒業。手稲渓仁会病院総合内科・感染症科などを経て、2014年より現職。2017年より北海道科学大学薬学部客員教授(薬学臨床推論)就任。著書に『誰も教えてくれなかった「風邪」の診かた 感染症診療12の戦略』(医学書院)などがある

この先生の他の記事をみる

この記事の関連記事

もっとみる

みんなのfufufu

雑誌版だけの限定企画も!

太陽笑顔fufufu 最新号

2021 WINTER Vol.47

太陽笑顔fufufu 雑誌版を定期購読(無料)しませんか?

いつまでも元気で、充実した生活を楽しんでもらいたい。
そんな想いから生まれたフリーマガジン『太陽笑顔fufufu』は、
冊子も送料もずっと無料でご購読いただけます。

  • 電子書籍で手軽に

    デジタルマガジン
  • 紙の本でじっくり

    無料 定期購読の申込
ロート製薬からの様々な情報をお届け ココロート・Park