fufufu TOP  > 連載記事一覧  > あなたの常識、それ本当?  > 空気のせいだけじゃない!肌の乾燥は“汗”も原因!?

ふふふなコラム

空気のせいだけじゃない!肌の乾燥は“汗”も原因!?(1/2)

掲載号 vol.40

あなたの常識、それ本当?

冬の空気の乾燥は、お肌の大敵! 肌にとって過酷な季節は終わりましたが、それでもまだ肌が乾燥するなら汗が不足しているのかも。汗と皮膚のスペシャリスト、室田浩之先生に詳しく教えていただきました。

記事内容

読了時間:4分

この先生に聞きました!

室田 浩之 先生

室田 浩之 先生

むろた ひろゆき

長崎大学大学院
医歯薬学総合研究科
皮膚病態学 教授

長崎大学医学部卒業。大阪大学皮膚科学講師、准教授などを経て、2018年5月より現職。専門はアレルギー、膠原(こうげん)病、発汗異常症。最近では発汗異常症による、かゆみのメカニズムの基礎・臨床研究も行っている

この先生の他の記事をみる

空気のせいだけじゃない!肌の乾燥は“汗”も原因!?

汗は肌を潤してくれる天然の美容液。汗は肌を潤してくれる天然の美容液。

汗は肌を潤してくれる天然の美容液。

肌が乾燥する原因はさまざま。冬のカラカラに乾いた空気も、肌にダメージを与える大きな要因のひとつで、毎年悩まされている人も多いはず。でもこれから春に向かって湿度が上がっても、まだ肌が乾燥するようなら、それは汗をかけなくなっていることが原因かも?

「汗は99%が水分です。身体の中から肌の表面に汗、つまり水分が出ることで肌を潤します。さらに、汗に含まれる“天然保湿因子”と呼ばれる保湿成分が、肌表面の角質に、水分を留めてくれるのです。だから、汗を十分にかけていないと、肌は乾燥しやすくなります。『汗をかくのは嫌!』という人も多いですが、汗は肌にとって味方なのです」

汗をかけなくなる原因には、年齢や環境、生活習慣によるものも。

「汗をかく量は12〜13歳がピークとなります。歳を重ねるにつれて汗の量は減っていき、足、お腹、背中、腕の順に汗をかきにくくなっていきます。さらに、エアコンの効いた部屋で過ごす時間が長い、あまり運動しないなど、日頃から汗をかく機会が少ないと汗腺の機能が低下し、ますます汗をかけなくなってしまいます」

肌の潤いは化粧品などで「与える」ことに加えて、汗をかき、身体の中から潤いを生み出せるようになることも大事です。これからの季節、運動などでしっかり汗をかいて、潤いのある肌を手に入れましょう。

この記事の関連記事

もっとみる

みんなのfufufu

雑誌版だけの限定企画も!

太陽笑顔fufufu 最新号

2020 SUMMER Vol.41

太陽笑顔fufufu 雑誌版を定期購読(無料)しませんか?

いつまでも元気で、充実した生活を楽しんでもらいたい。
そんな想いから生まれたフリーマガジン『太陽笑顔fufufu』は、
冊子も送料もずっと無料でご購読いただけます。

  • 電子書籍で手軽に

    デジタルマガジン
  • 紙の本でじっくり

    無料 定期購読の申込
ロート製薬からの様々な情報をお届け ココロート・Park