fufufu TOP  > 連載記事一覧  > fufufu Café  > これからのアンチエイジング!ゴースト血管予防【第4回fufufu Café】

ふふふなコラム

これからのアンチエイジング!ゴースト血管予防【第4回fufufu Café】(1/2)

掲載号 WEB限定

食べてすこやか!知ってキレイ!fufufu Café 太陽笑顔fufufu × ロート製薬 コラボレーションイベント食べてすこやか!知ってキレイ!fufufu Café 太陽笑顔fufufu × ロート製薬 コラボレーションイベント

読者のみなさまといっしょに、楽しく美と健康をつくり、笑顔になるための知恵を学ぶ「fufufu Café」。第4回は2018年9月26日(水)ロート製薬東京支社で開催しました。今回は読者の方にご家族やご友人をお誘いいただいて、ペアでご参加いただきました。学んだのは「ゴースト血管」と「秋のスキンケア」。当日のようすをレポートします。

記事内容

読了時間:5分

けんこう毛細血管じゅくけんこう毛細血管じゅく

血管を守ってアンチエイジング血管を守ってアンチエイジング

秋に感じる「疲れ肌」。でも本当に疲れているのは肌の内側にある“血管”かもしれません。今回のfufufu Caféのテーマは血管の健康。以前、fufufuの特集記事で扱い、たくさんの反響を呼んだテーマです。お話しいただいたのは、特集記事を監修していただいた赤澤先生です。「老いは血管からはじまる。血管を守ることができれば、健康を守ることにつながる」という、赤澤先生。だからこそ、血管を守る方法について、皆さま熱心に耳を傾けてらっしゃいました。

  • 血流をよくする「手を上げて回す運動」にみんなでチャレンジ!

  • 「毛細血管スコープ」で毛細血管の状態をチェックしていただきました。普段は見ることができない自分の健康状態に驚きの声も。

POINT1 身体は血管から老いる!?消えてしまった血管=ゴースト血管POINT1 身体は血管から老いる!?消えてしまった血管=ゴースト血管

テレビでも度々紹介される「ゴースト血管」とは、毛細血管が傷つき、血管から「酸素」や「栄養素」が漏れてしまうなど血管の衰えが進行して血管が消えてしまった状態です。酸素や栄養素が細胞に行き渡らないと、様々な問題を引き起こす恐れがあります。

ゴースト血管が引き起こす問題の一例
  • 「しわ」や「たるみ」ができる
  • 「抜け毛」や「パサつき」などの髪の悩み
  • 手足の「冷え」
  • 「更年期障害」や「肝硬変」の原因にも
POINT2 舌の色でわかる!?毛細血管の状態をセルフチェックPOINT2 舌の色でわかる!?毛細血管の状態をセルフチェック

手軽に毛細血管の状態を見るには、漢方で用いられている簡単な診断方法「舌の裏チェック」がおすすめ。

舌の裏の色は?
暗褐色〜紫色の人は要注意!

血液がドロドロになっていたり、滞っている状態。
ゴースト血管の恐れも。

POINT3 血管からアンチエイジング 血管のゴースト化を予防するにはPOINT3  血管のゴースト化を予防するには

輸送機関として機能する健康な血管を作るには、壁細胞をはがれにくくすること。そのために活躍してくれるのがTie2(タイツー)という分子です。そのTie2を活性化させる植物があることがわかってきました。その中には普段の生活に取り入れやすいものも。

赤澤先生おススメのTie2活性化植物

ヒハツ

別名ロングペッパー。胡椒に似たピリッとした刺激と、ほのかな甘味があります。胡椒同様に様々な料理の調味料として取り入れられます。

POINT4 今すぐ実践!耳のマッサージでシワをケアPOINT4  今すぐ実践!耳のマッサージでシワをケア

顔の血液の循環をよくすることで、シワ取り・シワ予防につながります。耳を上下や横に少し引っ張ってねじる。暖かくなってくるまで繰り返しましょう。

ゴースト血管対策に!

Tie2活性化植物やマッサージ方法 掲載記事はこちら

  • 講師
    赤澤 純代 先生
    赤澤 純代
    赤澤 純代 先生
  • 金沢医科大学 総合内科学 准教授
    集学的医療部 総合診療センター 副センター長 女性総合外来

この記事の関連記事

もっとみる