fufufu TOP  > 連載記事一覧  > fufufu Café  > キレイに健やかに!発酵食品のチカラ【第4回fufufu Café】

ふふふなコラム

キレイに健やかに!発酵食品のチカラ【第4回fufufu Café】(1/2)

掲載号 WEB限定

食べてすこやか!知ってキレイ!fufufu Café 太陽笑顔fufufu × ロート製薬 コラボレーションイベント食べてすこやか!知ってキレイ!fufufu Café 太陽笑顔fufufu × ロート製薬 コラボレーションイベント

読者のみなさまといっしょに、楽しく美と健康をつくり、笑顔になるための知恵を学ぶ「fufufu Café」。第4回は2018年3月7日(水)ロート製薬東京支社で開催しました。今回、学んだのは「発酵食品のチカラ」と「春のスキンケア」。当日のようすをレポートします。

記事内容

読了時間:10分

しあわせ発酵食品じゅくしあわせ発酵食品じゅく

発酵食品のうれしい効果や上手な食べ方を学ぶ発酵食品のうれしい効果や上手な食べ方を学ぶ

お味噌や醤油、酢など、和食の味つけに欠かせない「発酵食品」がアンチエイジングに役立つ。そんなうれしいお話をアンチエイジング料理のスペシャリスト 堀知佐子先生にしていただきました。特にみなさまが熱心に聞かれていたのが、発酵食品の上手な食べ方や身体への効果。例えば、塩分が気になる方におすすめのお味噌汁の具材やいつものお味噌の健康効果、玄米味噌の素材“玄米”に含まれる話題の成分と、試したくなったり、誰かに教えたくなるお話がいっぱい飛び出しました。和やかな雰囲気のなか、日頃から気になっていたことを先生に質問される参加者の方もたくさんいらっしゃいました。

POINT1 塩分が気になる方に!知っておきたい「お味噌」の食べ方POINT1 塩分が気になる方に!知っておきたい「お味噌」の食べ方
  • 夕食に食べる

    朝や朝や昼に比べて、夜は塩分を摂っても血圧が上がりにくいため、血圧が気になる方は、お味噌は夜に食べるのがおすすめです。

  • お味噌汁の具材選び

    お味噌汁には体内の余分なナトリウムを排出する働きを持つ、カリウムを含む食べ物を具材にしましょう。

    カリウムを含む食べ物
    なす、じゃがいも、ほうれん草、大根、わかめ、えのきだけ、なめこ、など
  • 白ご飯と食べる

    お味噌汁を白ご飯といっしょに食べることで、それぞれが足りない成分を補い合い、必須アミノ酸をバランスよく補給できます。

POINT2 知れば毎日食べたくなる!「お味噌」には健康に欠かせない成分がいっぱいPOINT2 知れば毎日食べたくなる!「お味噌」には健康に欠かせない成分がいっぱい
タンパク質 生命活動のカギを握る栄養素
ビタミンB2 糖質・脂質の代謝促進
ビタミンB12 造血作用や神経機能に関与
ビタミンE 老化防止ビタミン
サポニン 免疫力を高め細胞の突然変異を抑制
イソフラボン 抗酸化作用(骨粗しょう症予防)
コリン コレステロールの血管壁沈着防止
酵素 消化促進
食物繊維 整腸作用、解毒効果(デトックス効果)
メラノイジン 抗酸化作用(発酵による力)
POINT3 肥満改善に役立つ!?玄米に含まれる話題の成分「γ(ガンマ)オリザノール」POINT3 肥満改善に役立つ!?玄米に含まれる話題の成分「γ(ガンマ)オリザノール」

γオリザノールとは、玄米の米ぬか部分に含まれる特有の成分で、玄米やコメ油以外の食品には含まれていません。血中の脂質を低下させる働きや、更年期障害の症状の緩和など、多くの健康効果があり、すでに医薬品としても活用されています。

さらに、γオリザノールは小胞体ストレスを軽減させ、高脂肪食を食べたい気持ちも抑えます。γオリザノールの摂取は食の好みを変えるため、脂肪の摂りすぎによる肥満の改善にも期待できます。

  • 講師
    堀 知佐子 先生
    堀 知佐子 先生
  • アンチエイジングレストラン「ル・リール」オーナー
    管理栄養士 食生活アドバイザー

この記事の関連記事

もっとみる

みんなのfufufu

雑誌版だけの限定企画も!

太陽笑顔fufufu 最新号

2019 AUTUMN Vol.38

太陽笑顔fufufu 雑誌版を定期購読(無料)しませんか?

いつまでも元気で、充実した生活を楽しんでもらいたい。
そんな想いから生まれたフリーマガジン『太陽笑顔fufufu』は、
冊子も送料もずっと無料でご購読いただけます。

  • 電子書籍で手軽に

    デジタルマガジン
  • 紙の本でじっくり

    無料 定期購読の申込
ロート製薬からの様々な情報をお届け ココロート・Park