fufufu TOP  > 連載記事一覧  > fufufuムック  > 溜めない!発散する!ストレスをコントロールする秘訣

知っトク!?健康スキル

溜めない!発散する!ストレスをコントロールする秘訣(3/4)

掲載号 WEB限定

“ぼんやり”はストレス解消であり、脳活でもある

仕事や家事に追われ、手が空いたら
スマートフォンでメールやSNS…
現代人の脳は
休む時間が少なくなっています。
これは脳にとってのストレスです。
そこで、重要なのが“ぼんやり”すること。

単なる脳の休憩ではない!
“ぼんやり”のメリット

“ぼんやり”は、脳の過剰な活動が抑えられるだけでなく、思わぬメリットをもたらすことが最新の脳科学から明らかになっています。ぼんやりしている状態とは、何もせずに一定の時間を過ごしている状態。ですが、ぼんやりしていると、日常の出来事などが次々に浮かんできませんか? それは脳が蓄積された情報を整理整頓しているから。この働きにより記憶が定着しやすくなったり、悩みやストレスの解消につながり、さらに情報が整理されることで、ひらめきも生まれやすくなります。なんと、このとき使われている脳の場所は、考えたり仕事をしてるときよりも、ぼんやりしているときにより活発になり、認知症で衰える場所と関連することもわかってきて医学界からも注目されています。

単なる脳の休憩ではない!“ぼんやり”のメリット単なる脳の休憩ではない!“ぼんやり”のメリット

よりよい“ぼんやり”のために
知っておきたい3つのこと

ストレスを解消し、脳の活性化にもつながる“ぼんやり”。だけど、漠然とするだけでは、もったいないかも。効果的にぼんやりを取り入れるために知っておきたいことをご紹介します。

バスタイムは、
ぼんやりのベストタイミング

おすすめなのは、一日の終わりに熱過ぎないお風呂にゆっくりとつかる時間です。副交感神経が高まり、リラックスに最適。ほかにも人目を気にせずぼんやりすることができるカフェや車の中など、お気に入りの落ち着ける場所を見つけましょう。ぼんやりに決まり事はありません。仕事や家事からいったん離れて、自分のペースで好きなときにとり入れてくださいね。

落ち込んでいるときは、単純作業がおすすめ

落ち込んでいるときや不安なときにぼんやりすると、マイナスの考えが浮かんでしまいがち。そんなときはただぼんやりするのではなく、単純作業をするのが効果的です。単純作業に集中することで、脳の感情を司る部分を穏やかにしてくれます。デスク周りを片づけたり、キッチンをピカピカにしたり、あるいはひたすらじゃがいもの皮をむいたりなど、単純作業に夢中になるうちに、ぼんやりモードに入りやすくなりますよ。

瞑想のような形式はなし!
自由にぼんやりしましょう

意識的な活動をしないという点では似ています。ただし、瞑想のように形式にこだわらなくても、気軽にできるのが“ぼんやり”のいいところ。環境を整えることにこだわらず、気負わず日常にとり入れましょう。

この記事の関連記事

もっとみる

みんなのfufufu

雑誌版だけの限定企画も!

太陽笑顔fufufu 最新号

2020 SUMMER Vol.41

太陽笑顔fufufu 雑誌版を定期購読(無料)しませんか?

いつまでも元気で、充実した生活を楽しんでもらいたい。
そんな想いから生まれたフリーマガジン『太陽笑顔fufufu』は、
冊子も送料もずっと無料でご購読いただけます。

  • 電子書籍で手軽に

    デジタルマガジン
  • 紙の本でじっくり

    無料 定期購読の申込
ロート製薬からの様々な情報をお届け ココロート・Park