fufufu TOP  > 特集記事[隔月更新]一覧  > 女性ホルモンは最強アンチエイジング成分!知って備える8のこと

内から外から美容ケア

女性ホルモンは最強アンチエイジング成分!知って備える8のこと(4/5)

掲載号 vol.18

更年期の守り方“女性のためのヘルスケア”を考える

閉経をはさんだ、10年間が更年期。45~55歳がその時期で、大きな変化が訪れます。でも、それは、誰にでもある自然なことなのです。

女性なら誰もが無関係でない、閉経。

プレ更年期を経て、やがて訪れる更年期。閉経をはさんだ10年間を指し、だいたい45歳から55歳までがその時期にあたる年齢とされています。更年期は“激動”のとき。女性ホルモンの分泌量が急激に減少し、女性の身体は大きく変化します。

「女性は生まれたときから、卵巣に卵(卵子のもとになる原始卵胞)を持っています。それが月経などでどんどん減っていき、やがてなくなります。そうして迎えるのが閉経。それによって女性ホルモンの分泌もほぼなくなってしまいます。時代が変わって栄養状態がよくなり、寿命も延びましたが、閉経の時期も延びたかというと、そうではないんですね。どんな女性も変わりなく、だいたい50歳くらいで閉経を迎えます。誰にでもある、ごくごく自然なことなんですよ」

若く見える人もそうでない人も、出産経験がある人もない人も、変わりなく閉経は訪れるもの。女性であれば更年期の激動と無関係な人はいない、ということです。

「かつて女性は、閉経を迎えるのと同じ50歳くらいで寿命を迎えていましたが、現代の女性は閉経後にも長い人生がある。閉経後も40年生きるということは、現代女性にとっては未知の経験です。ただ、必要以上に心配することはありません。どんな変化があるのか。それを知っておけば、予防することができます」

更年期にはどんな変化がある?

“急にガクンとくる”“すとんと崖から落ちるような感じ”と、すでに更年期を体験した人が表現する急激な変化。それはどうして起こるのでしょうか?

「女性ホルモンは、脳が指令を出して卵巣から分泌されます。それがうまくいかなくなると、脳が混乱し自律神経系や免疫系、情動系まで乱れ始めます。中でも自律神経系が最も早く反応します。血流や血圧、心拍、体温、発汗などにかかわる自律神経が乱れると、体温調節がうまくできなくなったり、心臓が動悸したり、目まいがしたりします。更年期障害と呼ばれるそれらの症状は、こうして起こるんです」

脳や骨、血管、胃腸、皮膚、粘膜なども急激に変化します。皮膚が乾燥してかゆい、口が渇く、関節が痛いなど、さまざまな症状が現れるようになります。こうした変化は、それらを守っていた女性ホルモンの分泌がほぼなくなって起こること。多くの不調は女性ホルモンが関係している、それを忘れないことが、更年期の身体の守り方です。

「あちこちに不調が現れて、内科や整形外科など複数の病院にかかる、“ドクターショッピング”を繰り返す人がとても多いんですが、まずは、更年期に詳しい婦人科を受診すべきなんです。婦人科にかかって、症状が軽くなった女性も多くいます」

“女性のためのヘルスケア”が重要。

健康を守る女性ホルモンが分泌されなくなることで、病気をしやすくもなります。

「女性ホルモンは、コレステロールの増加を抑えたり、骨からカルシウムが減らないようにする働きがありますから、更年期は高血圧、脂質異常症、糖尿病に注意が必要。また更年期以降には、骨粗しょう症やアルツハイマー、尿失禁などになりやすいので注意が必要です」

代謝が落ちることで太りやすくもなるので、食べ過ぎないこと、脂質の多いものは避け、カルシウムを多く摂るなど、かかりやすい病気を知っておけば、食事でも予防を心がけることができます。

かかりやすい病気を知って予防を!

女性ホルモンの減少に反比例して増える、さまざまなリスク。高血圧や脂質異常症、肥満、糖尿病などに気をつける必要があります。更年期は誰にでもあるもの。起こりうることを知り、その予防を考えておきましょう

「男性ホルモン・アンドロゲンは、女性ホルモンのように急激な減少はありません。男性と女性は、身体の仕組みがまったく違うので、身体の守り方も違ってきます。女性には“女性のためのヘルスケア”がとても重要。更年期以降は特に、それがとても大切なものになってきます」

日本人女性が世界一長生きということは、世界一長く人生を楽しめるということ。更年期を上手に乗り切って、約90年の長い人生を健康で楽しめる、世界一幸せな女性を目指しましょう!

東洋医学の考えでは
不安定期の後に安定期も!

「女性は7年ごとに身体が変化する」。そんな話を聞いたことがある人もいるのでは。東洋医学では、女性は7年周期で体調に変化があると考えられています。女性の一生とエストロゲン分泌量の変化と、重なる部分も多くあるのがわかります。東洋医学の考えでは、63歳から70歳が安定期。閉経に身体が慣れ体調が安定する時期だと考えられています。日本人女性の更年期症状も、数年で落ち着くことが多いようです。

みんなのfufufu

雑誌版だけの限定企画も!

太陽笑顔fufufu 最新号

2020 WINTER Vol.43

太陽笑顔fufufu 雑誌版を定期購読(無料)しませんか?

いつまでも元気で、充実した生活を楽しんでもらいたい。
そんな想いから生まれたフリーマガジン『太陽笑顔fufufu』は、
冊子も送料もずっと無料でご購読いただけます。

  • 電子書籍で手軽に

    デジタルマガジン
  • 紙の本でじっくり

    無料 定期購読の申込
ロート製薬からの様々な情報をお届け ココロート・Park