fufufu TOP  > 連載記事一覧  > SmileTravel  > ノスタルジックな港町を散策♪瀬戸内海・鞆の浦の旅

ほっこり癒しの時間

ノスタルジックな港町を散策♪瀬戸内海・鞆の浦の旅(2/2)

掲載号 vol.13

記事内容

読了時間:7分

数々の伝説に彩られた仙酔島(せんすいじま)でリフレッシュ。

鞆の浦を訪れたら、ぜひ足を延ばしたいのが日本の国立公園第一号である仙酔島。仙酔島は鞆港から渡船で約5分の沖に浮かぶ、周囲6kmの無人島で、「仙人が酔うほどに美しい島」というのがその名の由来とされています。太古の自然が残る島内には、日本ではここだけしかないと言われる『五色岩』が海岸の200mにわたって隆起。悠久の時の中で自然が造り上げたさまざまな岩石の色が、インドの聖典「ヴェーダ」によるところの聖なる五色と重ねられ、パワースポットとしても注目されています。また、いくつかある海水浴スポットの中には、"閃(ひらめ)きの門"と呼ばれるビーチが。海に向かって左右の岬が門のように見え、そこにどっしりと腰を下ろして瞑想すると、与えられた人生の役割に気づくという説もあります。じっくりと自分と向き合える機会は貴重。時計などなくても、潮や陽の傾きが時を伝えてくれます。満天の星が「おやすみ」を告げに来るまで、ただゆっくりと静かに過ごす時間の、なんと贅沢なことでしょう。島に宿をとり、非日常を満喫したら、その翌朝は身も心も癒された自分に出会えた気がするのでした。

鞆の人々との出会いにも心がほぐれていく。

目の前は常夜灯、散策の途中に立ち寄りたい一軒。
鞆の浦 a cafe(とものうらカフェ)

一度は都会に出たものの、幼い頃から親しんだ鞆の海を忘れられず同店を開業。「ここは人と素直に付き合えるから」と、店主の坂谷さん。築150年という長屋を再利用した趣ある店構えは、すぐ目の前の常夜灯と相まって情緒満点。世界中から訪れる旅行者を引き寄せます。
福山市鞆町鞆常夜灯前 ☎084-982-0131
営業時間/10:00~18:00 水曜休

昔ながらの製法で60年愛され続ける優しい味。
村上製パン所

鞆の浦で唯一のパン屋さん。60年前の創業当時から変わらぬ製法でていねいに焼き上げられたパンがショーケースいっぱいに並びます。学校給食にも指定されているため、鞆の子どもは皆、ここのパンを食べて大きくなるのです。この地に滞在していた宮崎 駿監督も、毎日のように足を運んだとか。
福山市鞆町後地1437 ☎084-982-2349
営業時間/8:00~20:00 頃 日曜休

自然に身を任せ、ただゆっくりと過ごす贅沢。

心身ともにリフレッシュ再生の宿がいざなう脱・日常。
人生感が変わる宿 ここから

仙酔島にあるこの宿のユニークな屋号は"ここからまた新しい自分をはじめる"、そのきっかけの場となってくれることにちなみます。心と身体に溜まった毒を抜き、宿泊者の"再生"を助けるここにはテレビやラジオはありません。海のさざ波や、鳥のさえずりなど、自然の音に耳を傾け、慌ただしい日常からの脱却を。
福山市鞆町後地3371 ☎084-982-2111
1泊夕・朝食付き1人 ¥14,800 ほか

デトックス洞窟蒸し風呂『江戸風呂』もおすすめ。

松の薪を炊き上げた蒸し風呂や高濃度塩水風呂、薬湯露天風呂などから成る『江戸風呂』で、デトックスを。決められたコースにのっとり、各種のお風呂を体験していくと次第に身体が軽やかに。※男女混浴(浴衣着用)・中学生未満の利用は不可。
『人生感が変わる宿 ここから』に隣接 10:00~18:00 ¥1,575(浴衣・タオルの貸し出し¥210)/宿泊者以外の利用 は要事前予約

この記事の関連記事

もっとみる

みんなのfufufu

雑誌版だけの限定企画も!

太陽笑顔fufufu 最新号

2022 SUMMER Vol.49

太陽笑顔fufufu 雑誌版を定期購読(無料)しませんか?

いつまでも元気で、充実した生活を楽しんでもらいたい。
そんな想いから生まれたフリーマガジン『太陽笑顔fufufu』は、
冊子も送料もずっと無料でご購読いただけます。

  • 電子書籍で手軽に

    デジタルマガジン
  • 紙の本でじっくり

    無料 定期購読の申込
ロート製薬からの様々な情報をお届け ココロート・Park