fufufu TOP  > 連載記事一覧  > おいしい家庭薬膳レシピ  > 縁起のよい正月、薬御膳!

しっかり!栄養レシピ

縁起のよい正月、薬御膳!(2/3)

掲載号 vol.7

血液の流れを促し、体を温める、冷え性を克服レシピ。

冷え性克服

血液の流れを促す食材を使い、煮る・蒸す・茹でるなど、体を温める調理方法を選択。
また、調味料としてお酒を使うのも体を温めるポイントです。

体を温める鶏肉と、造血作用の高い人参でパワーアップ。
鶏肉の梅酒煮

材料(4人分)   用意する物
鶏もも肉…2~3枚
人参…適量
貝割菜…1/2パック 
白髪葱…適量
柚子皮…適量
梅酒…200cc
濃口醤油…大さじ3
塩…少々
こしょう…少々
料理用の糸

作り方
鶏もも肉は皮面をフォークなどでついて穴を数箇所開け、塩、こしょうをふる。
人参は5mm角の(長めの)棒状に切る。
①に②を3~4本置く。②を芯にしながら巻き込み、料理用の糸でしっかりとくくりつける。
鍋にサラダ油適量(材料外)を熱し、③を転がしながら焼く。焼き色がついたら梅酒を加えてしばらく煮る。煮汁が無くなってきたら濃口醤油を加えて炒り煮し、塩、こしょうをふる。
④を1~1.5cm幅に切り、器に1/2に切った貝割菜を敷いて④を盛り付け、白髪葱と千切りにした柚子皮を散らす。
調理のPoint 鶏もも肉は身の方を観音開きにし、平らになるようにしっかり広げましょう。焼くと皮が縮んでしまうので、あまり強く巻き過ぎないように。貝割菜をたくさん使うと、盛り付けも華やかになります。

美肌にも有効な酒粕を合わせて、ちょっと大人な和え物に。
ニラと桜海老の和え物

材料(4人分) (A)
ニラ…1束
桜海老…7g
長芋…80g
白炒り胡麻…適量
細切り海苔…適量
酒粕…30g
だし汁(昆布)…40cc
白味噌…大さじ1
甜菜糖…小さじ1
薄口醤油…大さじ1

作り方
ニラはさっと茹でて3cmに切る。長芋は拍子切りにする。桜海老は酒(材料外)で炒る。
ボウルに(A)を合わせ、①と和える。
器に盛り付け、白炒り胡麻をふって、細切り海苔を天盛りにする。
調理のPoint 先に、酒粕をほぐし、湯煎などで温めてやわらかくしておくと、ほかの材料とも和えやすくなります。香ばしく炒った桜海老が、酒粕の特有の匂いを和らげてくれます。

この記事の関連記事

もっとみる

みんなのfufufu

雑誌版だけの限定企画も!

太陽笑顔fufufu 最新号

2021 AUTUMN Vol.46

太陽笑顔fufufu 雑誌版を定期購読(無料)しませんか?

いつまでも元気で、充実した生活を楽しんでもらいたい。
そんな想いから生まれたフリーマガジン『太陽笑顔fufufu』は、
冊子も送料もずっと無料でご購読いただけます。

  • 電子書籍で手軽に

    デジタルマガジン
  • 紙の本でじっくり

    無料 定期購読の申込
ロート製薬からの様々な情報をお届け ココロート・Park