fufufu TOP  > 連載記事一覧  > 作り置き三ツ星レシピ  > 新じゃがいもを使い切り!作り置きレシピ&保存法

しっかり!栄養レシピ

新じゃがいもを使い切り!作り置きレシピ&保存法(1/2)

掲載号 WEB限定

vol.3

かしこく!おいしく!健康に!作り置き三ッ星レシピ 野菜ぜんぶ使い切り!かしこく!おいしく!健康に!作り置き三ッ星レシピ 野菜ぜんぶ使い切り!

今回の野菜

新じゃがいも

旬:4〜6月

新じゃがいも 新じゃがいも

旬の野菜を上手に使い切って、かしこく、おいしく、そして健康に役立つ作り置きおかずを毎月ご紹介。5月の野菜は「新じゃがいも」です。通常の収穫時期よりも早く収穫する新じゃがいもは通常のじゃがいもよりビタミンCが豊富で美容にうれしい野菜。カリウムも多く含むため、高血圧予防にもピッタリ。ですが、通常のじゃがいもより水分が多く日持ちしないため、まとめ買いすると困ることも。そこでたくさんの新じゃがいもをまとめて使い切る3つの作り置きおかずのレシピをご紹介します。

記事内容

読了時間:5分

この先生に聞きました!

松村眞由子先生

松村眞由子先生

まつむら まゆこ

管理栄養士、料理研究家
日本女子大学 非常勤講師

日本女子大学家政学部食物学科を卒業後、短大助手、大手料理教室で教室企画、レシピ開発などを担当後、独立。調理科学、栄養学など専門性を生かしつつ、主婦としての観点をもって「つくりやすく、おいしく、体によい料理」を提案。書籍、雑誌、料理教室講師など、幅広く活動している。著書に「毎日の台所」「お弁当生活便利帖」(池田書店)、野菜で探す「健康食べ合わせ手帖」(主婦の友社)他多数

この先生の他の記事をみる

新じゃがいもを使い切り!
作り置きレシピ&保存法

おいしい野菜の選び方

表面の皮が薄く、指ではがれそうなくらいのものが新鮮。芽が出ているものや、皮が緑になっているものは避け、皮にハリがあり傷がないものを選びましょう。

野菜を上手に使うコツ

1保存のコツ冷暗所 1週間

日光や蛍光灯の光でも緑化してしまうため、新聞紙に包んで冷暗所で保存。冷蔵庫なら、5℃程度の野菜室が向いています。温かいと芽が出やすいので気をつけてください。

2しっかり栄養を摂るコツ

新じゃがいもの薄い皮はむかずに食べられます。また、じゃがいものビタミンCはでんぷん質に包まれているため加熱しても損失が少ないのが特徴です。

下ごしらえはまとめて時短!

たわしを使ってしっかり水洗い。芽や緑色の皮には毒素があるため、しっかり取り除いてください。

1新じゃがと豚肉の甘辛煮

2~4等分に切る。

4〜5個使用

2新じゃがのオリーブ煮 ローズマリー風味

2㎝角程度に切る。

2〜3個使用

3新じゃがのシャキシャキごま酢あえ

せん切りにして水を2~3度替えてさらす。
水気をしっかりきる。

※じゃがいも中=1個100g程度

2個使用

生のままでは解凍した時にスカスカになりやすいので、ゆでてマッシュポテトにして保存するのがおすすめ。

冷凍したマッシュポテトは、スープやポテトグラタンなどに使えます。

次のページでは、新じゃがいもを使ったレシピをご紹介します。

この記事の関連記事

もっとみる

みんなのfufufu

雑誌版だけの限定企画も!

太陽笑顔fufufu 最新号

2019 AUTUMN Vol.38

太陽笑顔fufufu 雑誌版を定期購読(無料)しませんか?

いつまでも元気で、充実した生活を楽しんでもらいたい。
そんな想いから生まれたフリーマガジン『太陽笑顔fufufu』は、
冊子も送料もずっと無料でご購読いただけます。

  • 電子書籍で手軽に

    デジタルマガジン
  • 紙の本でじっくり

    無料 定期購読の申込
ロート製薬からの様々な情報をお届け ココロート・Park