fufufu TOP  > 特集記事[隔月更新]一覧  > そのだるさは人間の冬眠!?冬を元気に過ごす朝の対策&眠り方

知っトク!?健康スキル

そのだるさは人間の冬眠!?冬を元気に過ごす朝の対策&眠り方(3/3)

掲載号 vol.23

記事内容

読了時間:7分

日光と仲良くなるために!

冬眠状態から目覚める5つのキーワード。

朝の対策&眠り方で冬を元気に過ごす。

光を意識する生活とは、具体的にどうすればいいのでしょう?

「大切なのは、光をとり入れるタイミングです」と内山先生。

冬は日の長さが短く、例えば東京では、冬至の日の長さは夏至に比べて約5時間も短くなります。足りなくなった光を補うためにも、冬は朝、夕方、休日の日光を意識したほうがいい、と内山先生は言います。しかし私たちの生活を振り返ってみると、夕方や休日の行動はバラバラです。

そこで、リズムを一定にしやすい朝に重点を置いて、日光を意識するようにしてみましょう。また、朝を大切にするためには眠りにも着目を。これで身体を冬眠状態から目覚めさせ、冬も元気に過ごしましょう!

  • Keyword 1朝の光

    朝起きたらすぐに部屋のカーテンを開け、日光を感じましょう。曇りや雨の日でも、網膜の光センサーには十分な光が届きます。なかなか起きられない人も、がんばってこれを2週間程度続けると改善してきます。

  • Keyword 2夕方の光

    日の長さが短い冬は、日光を感じる時間を長くすることも大切です。夕方のまだ明るい時間帯にベランダや明るい窓辺へ行き、日光を感じるようにしましょう。

  • Keyword 3休日の光

    ゆっくり寝ていたい休日ですが、できるだけ同じ時間に起きましょう。朝を一定に保つことで、生活のリズムが整いやすくなります。その上で公園や自然の中に出かけ、屋外で光を感じながら過ごしましょう。

  • Keyword 4自然な眠り

    毎日決まった時間に寝ようとすると、かえって眠れなくなることもあります。私たちの身体は脳が疲れると眠くなり、脳を最も疲れさせるのは運動です。身体を動かすなど日中をアクティブに過ごすことで、自然に眠くなってきます。

  • Keyword 5ぬるめの入浴

    人は身体の内部の温度(深部体温)が下がるときに眠くなります。つまり、よい眠りのためには寝る前に少し身体を温めることが効果的。40℃前後のぬるめのお湯に浸かったり足湯で軽く温めれば、身体の表面から熱が逃げ、深部体温が下がりやすくなります。

コラム 光の少ない北欧の冬の過ごし方コラム 光の少ない北欧の冬の過ごし方
ヨーロッパの冬は昼の長さがとても短いことで知られています。特に北欧では一日中太陽が昇らない期間もあるほど日照不足が顕著で、冬に気持ちが沈んだままになる「冬季うつ」と呼ばれる症状に悩む人も少なくありません。この症状の改善には太陽光に匹敵する明るさの光を利用した光治療器が有効で、職場や公共施設にも導入されています。また、インテリアを明るくしたり、クリスマスを盛大に祝って楽しく過ごすことも、昼が短い北欧の冬ならではの工夫です。気分が沈みがちな冬を乗り切るこういった暮らし方のヒントは、私たちにも参考になりそうです。

みんなのfufufu

雑誌版だけの限定企画も!

太陽笑顔fufufu 最新号

2019 WINTER Vol.39

太陽笑顔fufufu 雑誌版を定期購読(無料)しませんか?

いつまでも元気で、充実した生活を楽しんでもらいたい。
そんな想いから生まれたフリーマガジン『太陽笑顔fufufu』は、
冊子も送料もずっと無料でご購読いただけます。

  • 電子書籍で手軽に

    デジタルマガジン
  • 紙の本でじっくり

    無料 定期購読の申込
ロート製薬からの様々な情報をお届け ココロート・Park