fufufu TOP  > 連載記事一覧  > 一汁多彩どんぶり  > 自然の恵みを堪能!素材をたっぷり味わう春の3レシピ

しっかり!栄養レシピ

自然の恵みを堪能!素材をたっぷり味わう春の3レシピ(1/3)

掲載号 vol.28

vol.5

一汁多彩どんぶり

栄養バランスの整った和食“一汁三菜”を、ひとつの“どんぶり”と“お汁”で気軽に楽しむ『一汁多彩』。今回は「鯛の切り身」ひとつで2品できる「鯛の炊き込みおもてなしどんぶり」をはじめ、ボリューミーなチキンや、春野菜をたっぷり使ったどんぶりなど、春の味覚を堪能できる厳選3レシピをご紹介します。

記事内容

読了時間:5分

春の味覚と海の幸を堪能!特別な日のランチに。

切り身ひとつで2品が完成!

鯛の炊き込みおもてなしどんぶり

このレシピをPDFから印刷する

758kcal

鯛の切り身は、身と皮を丸ごと使って、豪華なおもてなしどんぶりに。炊飯器に入れる前に切り身を焼く、そのひと手間がおいしさの秘訣です。入学や卒業、引っ越しなど新しい生活が始まる春に、手軽にできるどんぶりでお祝いランチはいかが?

この三菜が、どんぶりに! この三菜が、どんぶりに!

材料(2人分)

鯛の炊き込みご飯
  • 米…1合
[A]
  • だし汁…1カップ
  • 醤油…大さじ1
  • みりん…大さじ1
  • 三つ葉…適宜
  • 鯛の切り身
    …1~2切れ(約200g)
  • 塩、酒…各少々
桜えびの天ぷら
  • 乾燥桜えび…30g
  • きざみ細ねぎ…1本分
  • 小麦粉…100g
  • 冷水…100ml
  • 揚げ油…適宜
鯛の皮の和え物
  • 鯛の皮…1〜2切れ分
  • 長ねぎ(白い部分)…5cm
[B]
  • 味噌…小さじ1
  • 酢…小さじ1
  • 酒…小さじ1/2
  • 砂糖…小さじ1/2

作り方

  • 米は洗ってザルに上げ、水気を切って炊飯器に入れ、[A]も入れる。
  • 鯛の切り身は塩と酒を全体に振って15分ほどおく。キッチンペーパーで水気をおさえてフライパンで全体を中火で焼き、皮を箸で身からはがして、皮はさらに香ばしくなるまで焼き、身は11に入れて炊く。
  • 桜えびの天ぷらを揚げる。ボウルに冷水以外を入れて混ぜてから、最後に冷水を加えて混ぜ合わせる。お玉などを使って半量をのせて平たくのばし、中温(170度)の油で2分程揚げ、表面がカリッとしたら裏返して約1分揚げる。
  • 鯛の皮の和え物を作る。長ねぎは縦に切ってから細切りに、鯛の皮も細切りにして[B]と混ぜ合わせる。
  • 丼に炊き込みご飯、天ぷら、和え物を盛りつけて三つ葉を添える。

ここがポイント

  • ポイント1
    ポイント1

    鯛の炊き込みご飯に使う鯛の切り身は炊飯器に入れる前に、グリルやフライパンで焼いておきましょう。そうするとくさみがなくなる上、香ばしさもアップします。

  • ポイント2
    ポイント2

    鯛の皮も立派な食材。フライパンでカリカリに焼いて、酢味噌と合わせれば、お店でいただくような逸品になります。食材を無駄にしない嬉しいアイデア料理です。

ほろ苦い菜の花とゆずが香り立つ。

菜の花とお麩のお吸い物菜の花とお麩のお吸い物

このレシピをPDFから印刷する

16kcal

旬の菜の花を使った春を感じるスープ。ゆずの皮をきざんで入れ、風味をプラスするとより上品なお味に!

材料(2人分)

  • 菜の花…1/4束
  • 麩…適量
  • だし汁…2カップ
  • 塩…少々
  • ゆずの皮…少量

作り方

  • 菜の花は塩を加えた熱湯で茹でて、水気を絞り半分の長さに切っておく。
  • 麩は水かお湯で戻して絞っておく。
  • 鍋にだし汁を煮立て、1122を加えてひと煮したら塩で味を調えてお椀に入れ、細切りしたゆずの皮をのせる。
cookpad おいしい健康 クックパッド「おいしい健康」でも「一汁多彩どんぶり」のレシピを公開中!cookpad おいしい健康 クックパッド「おいしい健康」でも「一汁多彩どんぶり」のレシピを公開中!

この記事の関連記事

もっとみる