fufufu TOP  > 連載記事一覧  > SmileTravel  > 温泉を満喫!パワースポットで縁起よし!幸せ気分の箱根の旅

ほっこり癒しの時間

温泉を満喫!パワースポットで縁起よし!幸せ気分の箱根の旅(1/2)

掲載号 vol.11

Vol.5

記事内容

読了時間:8分

大地の恵み、温泉を五感で満喫。

心身ともに温まり、幸せ感に浸りたい冬の旅。目指すは日本有数の温泉リゾート、箱根です。箱根温泉とひと口に言っても、実は源泉を異にする温泉が多数点在し、泉質もさまざま。どこを選ぶか、迷うのも一興です。そもそも温泉は火山活動の賜物。そのことを実感するため、まずは大涌谷へ。

ロープウェイで大涌谷駅に降り立てば、あたり一帯に硫黄の匂いが立ち込めます。山肌から火山ガスが噴き出す様子は迫力満点。湧き出す温泉で茹でられる、名物「黒たまご」を食し、火山パワーを五感で満喫。富士山の雄姿も拝め、旅の好スタートとなりました。

次に向かったのは強羅温泉。明治期より政財界の大物や文化人の別荘地として栄えた、女性に人気のエリアです。今夜お世話になる『強羅環翠楼』は、そんな強羅を代表するお宿のひとつ。元は旧三菱財閥・岩崎家の別荘だったというその建物と庭には、古きよき時代の美意識が隅々にまで息づき、敷地に足を踏み入れるだけで非日常感に浸れます。聞けばリピーターが多く、二世代、三世代にわたり訪れる家族客も少なくないとか。ゆったりとお湯につかりながら庭を眺めていると、「今度はどの季節に誰と来ようか」という思いが、やはり頭をよぎります。

山肌から立ち上る噴煙に火山のパワーを実感。
大涌谷(おおわくだに)

約3000年前、箱根の最高峰である神山の水蒸気爆発により誕生。大きな岩が無数に転がる荒々しい山肌から硫気と水蒸気を噴き出す様は迫力満点。『大涌谷観光センター』を拠点に噴煙地までは遊歩道が整備。その道中でも谷間に流れる温泉を目にできます。
『大涌谷観光センター』 箱根町仙石原1251 ☎0460-84-9605
営業時間/8:30~17:00(12~3月は16:30まで、1/1は9:30から)無休(改装のため12月初旬よりレストランのみ休)交通/箱根ロープウェイ大涌谷駅下車すぐ Ⓟあり

世代を超え愛され続けるぬくもりに溢れた宿。
強羅環翠楼(ごうらかんすいろう)

旧三菱財閥・岩崎家の別荘を譲り受け、昭和24年に開業。14ある客室と野趣溢れる庭は当時の趣を留め、風情満点。2本の自家源泉からなる温泉で身も心もとろけた後は、評判の料理に舌鼓。“華美ではないが、贅沢”。そんな時間が静かに流れます。
箱根町強羅1300 ☎0460-82-3141
料金/1泊2食付き¥21,150~(税・サービス料・入湯税含、12/31 IN~1/2 OUTは特別均一料金¥42,150)交通/箱根登山鉄道強羅駅より徒歩3分 Ⓟあり

この記事の関連記事

もっとみる