fufufu TOP  > 連載記事一覧  > SmileTravel  > 新米を食す!そばにワインに温泉も♪秋を堪能する新潟の旅

ほっこり癒しの時間

新米を食す!そばにワインに温泉も♪秋を堪能する新潟の旅(1/2)

掲載号 vol.10

Vol.4

記事内容

読了時間:8分

旅の始まりは新しい新潟との出合い。

日本を代表する米どころ、新潟。秋にこの地を訪れる目当てのひとつは、やはり収穫されたばかりの新米。しかし、今回それは後のお楽しみ。まずは“新しい新潟”を求めて、最近全国的にも注目され始めたワイナリーに出かけてみました。新潟市の中心から日本海沿いを西へ。田園が広がる丘陵地の先に、ぶどう畑とイングリッシュガーデン、そしておしゃれな建物群を擁する『カーブドッチ ワイナリー』が現れます。敷地内に入るとそこはまるでヨーロッパの田舎町。美しい風景に、女性ならきっと誰もが心ときめくことでしょう。9月半ば~10月中旬頃なら摘み取られたぶどうが搾汁(さくじゅう)される様子も目撃できそう。純国産にこだわったオリジナルワインは、年々ファンを増やし続け、年の後半には品 薄になるものもあるとか。お気に入りの一本が見つかったら、迷わず入手! が鉄則です。

さて、新しい新潟として、他にも見逃せないのが直売所。“地産地消と食育のテーマパーク”『月岡わくわくファーム』は、地元の農作物を販売するだけでなく、それらを食材に用いたレストランやベーカリーも併設しています。その中のひとつ『トラットリア・オラ・ハラクチェ』でいただける本格ピッツァは絶品。都会でもなかなか出合えないクオリティの高さに感動です。

ワインとともにヨーロピアンな雰囲気にも酔いしれて。
カーブドッチ ワイナリー

今から20年前、1本のぶどうの木から始まった『カーブドッチ』。今では約7haのぶどう畑で20数種類のワイン専用品種を栽培。恵まれた環境とスタッフの情熱で、ワイン通をも唸らせる純国産のワインを醸造しています。
[MAP-A] 新潟県新潟市西蒲区角田浜1661 ☎0256-77-2288
営業時間/施設・曜日により異なる(例:ワインショップ10:00~17:00、ガーデンレストラン11:30~21:00 LO、マルシェ10:00~17:00ほか)無休 交通/JR越後曽根駅から車で約15分、JR内野駅から無料シャトルバスあり(要予約)

買って食べて新潟満喫!地産地消のテーマパーク。
月岡わくわくファーム

農作物の直売所『豊栄(とよさか)わくわく広場』をはじめ、レストランやショップが集結。観光客だけでなく近隣住民も大勢訪れ、園内はいつも賑やか。秋はかぼちゃやきのこがおすすめ。種類も豊富にそろいます。もちろん新米も販売。
[MAP-C] 新潟県新発田市月岡408 ☎0254-32-0909
営業時間/施設により異なる(例:豊栄わくわく広場9:00~19:00〈11~2月は~18:00〉、トラットリア・オラ・ハラクチェ11:00~21:00ほか)無休

この記事の関連記事

もっとみる