fufufu TOP  > 連載記事一覧  > SmileTravel  > 絞りたてのオリーブオイル、醤油会席に舌鼓!夏の小豆島の旅

ほっこり癒しの時間

絞りたてのオリーブオイル、醤油会席に舌鼓!夏の小豆島の旅(1/2)

掲載号 vol.9

Vol.3

記事内容

読了時間:8分

旅情あふれる海路を経て瀬戸内の楽園、小豆島へ。

「島の旅はいい」
まだ到着もしないうちから心が浮き立つのは、そのアプローチに理由があります。瀬戸内の海に浮かぶ小豆島へは、日本全国どこを起点にしても、最後のアクセスとして海路を避けては辿り着けません。けれど、それこそがこの旅の醍醐味です。フェリーに乗り込んだのは早朝の神戸港。道中も旅のうち、とばかりに船内をあちこちチェックしたり、デッキに出て潮風に吹かれてみたりと、船上の約3時間(他ルートなら約1~2時間)を思い切り満喫していると、あっという間に坂手港へ。一周が130㎞足らずの小豆島。のんびりと島を巡りましょう。
風光明媚な渓谷『寒霞渓(かんかけい)』や、ロマンティックな逸話が語られる潮の道『エンジェルロード』など、海に山にと見どころいっぱい。ギリシャ風車が建つ『道の駅 小豆島オリーブ公園』では、地中海リゾートの趣で非日常感に浸れます。
風車付近に広がるオリーブ畑を散策していると、ボランティアで園内を案内しているというおじさんがハート型の葉っぱを手渡してくれました。聞けば「持っていれば幸せがもたらされる」とのこと。小さな可愛らしいプレゼントに、ほのぼのいい気分。これはさっそくご利益を授かったようです。

畑の恵みをお土産にオリーブ&ハーブスポット。
道の駅 小豆島オリーブ公園

広い園内にはオリーブ畑を中心に、クラフト体験館や温浴施設、宿泊施設までも。園のシンボル、ギリシャ風車前の芝生に寝転がって空を仰げばハーブガーデンから漂う芳香にうっとり。
小豆郡小豆島町西村甲1941-1 tel: 0879-82-2200 8:30~17:00 無休・入場無料
交通/オリーブバス「オリーブ公園口」下車徒歩5分

1日に2回だけ現れるしあわせの道。
エンジェルロード

干潮時だけに出現。歩いて渡れる限られた時間、延長約500mの砂の道の真ん中で好きな人と手をつなぐと幸せになれるという言い伝えがあります。
小豆郡土庄町余島 交通/オリーブバス「国際ホテル」下車徒歩5分

日本三大渓谷美のひとつ、その景観に酔いしれて。
寒霞渓

山頂からはもちろんのこと、ロープウェイでの空中散歩でも、素晴らしい眺めを堪能できます。紅葉スポットとして有名ですが、生命力あふれる夏の渓谷美もおすすめ。
小豆郡小豆島町神懸通168 交通/オリーブバス「紅雲亭」よりロープウェイ

ACCESS

小豆島へ入るための主な海路
[関西方面から]神戸港←→坂手港、姫路港←→福田港
[岡山方面から]日生港←→大部港、新岡山港←→土庄港、宇野港←→土庄港
[四国方面から]高松港←→草壁港・池田港・土庄港
MEMO●小豆島入りしてからの各スポットへのアクセスは「オリーブバス」が便利。全路線乗り放題の「小豆島フリー乗車券」もあり。
1日券/2000円、2日券/2500円 車内でも購入可能

この記事の関連記事

もっとみる