fufufu TOP  > 連載記事一覧  > 食の処方せん  > 肌荒れ、むくみの意外な原因!食物の酵素パワーとは?

なるほど!食の知識

肌荒れ、むくみの意外な原因!食物の酵素パワーとは?

掲載号 vol.16

Vol.2

食の処方せん

食材の力で、毎日をもっと健康に。
管理栄養士がお悩みに答えます。

記事内容

  • 外食での食べ過ぎが原因?肌あれ、むくみが気になる。

読了時間:5分

この先生に聞きました!

市野真理子先生

市野真理子先生

いちの まりこ

デザイナーフーズ株式会社
『ベジマルシェ』セミナー講師
管理栄養士

野菜の機能性や、食のあり方を発信するブランド「ベジマルシェ」で、セミナー講師を務めるなど、幅広く活躍

この先生の他の記事をみる

外食での食べ過ぎが原因?肌あれ、むくみが気になる。

「肌あれとむくみに悩んでいます。特に最近気になるので、原因として思い当たるのは、歓送迎会などで外食が多いこと。つい食べ過ぎちゃうんです…。それが、肌あれやむくみに関係しますか?」(愛知県・アヤコさん 40歳・会社員)

酵素のバランスが崩れているのかも。

酵素を上手く活用して代謝を高めるのが、悩み解消の近道!

消化酵素の使い過ぎが、その悩みの原因に!

春は、始まりを感じさせてくれる季節。気分がウキウキするようなこの時期に肌あれやむくみがあると、そんな楽しさも半減してしまいますよね。

肌あれやむくみの原因はさまざまですが、アヤコさんは最近、外食が多く食べ過ぎているようなので、酵素のバランスが崩れている可能性があります。そのせいで代謝が悪くなって、肌細胞の生まれ変わる力や、老廃物を排出する力が低下して肌あれになり、水分の巡りが悪くなることで、むくみになっていると考えられます。

このように、酵素と代謝には深い関わりがあるんです。まずは酵素について、簡単にご説明しましょう。私たちの体内には、ふたつの酵素があります。ひとつは食べ物を消化・分解し、身体に必要な栄養を吸収するための消化酵素。もうひとつは細胞の形成や、臓器の機能維持、免疫力を高めるなど、さまざまな生命活動のための代謝酵素代謝を高めるためには、この代謝酵素が必要になります

体内で生産される酵素の量は決まっていて、生命維持のため栄養の吸収が優先されるので、まず消化酵素が作られます。食べ物を多く摂ると、消化酵素がたくさん必要になるので、代謝酵素の量が足りなくなってしまうんです。アヤコさんのように、食べ過ぎが続いてしまうと、代謝酵素が不足して代謝が落ち、肌あれやむくみが現れてしまいます。改善するには、消化酵素を節約し、代謝酵素を増やすことが大切です。

食べ方を工夫して、消化酵素を節約しよう!

消化酵素を節約するには、まずは食べ過ぎないこと。また、消化のよい食べものを選ぶことも効果的です。さらに、酵素を含んだ食べ物を摂ることも消化酵素の節約になりますよ。生の食品の多くは酵素を含んでいますから、外食でもできるだけ、生野菜や果物、お刺身などを食べるようにしましょう。ほかには、納豆や味噌などの発酵食品にも、酵素が豊富に含まれていますよ。

加えて、食べ方も工夫をするといいですね。消化酵素には、糖質を分解する“アミラーゼ”、タンパク質を分解する“プロテアーゼ”、脂質を分解する“リパーゼ”などがあります。例えばとろろご飯は、山芋に豊富に含まれるアミラーゼが、ご飯の糖質を分解してくれます。このように、とんかつ(タンパク質)+キャベツの千切り(プロテアーゼ)、天ぷら(脂質)+大根おろし(リパーゼ)を入れた天つゆ……など“食べ合わせ”を考えてメニューを選べば、体内の消化酵素が節約できるんです。

酵素の力を味方につければ、代謝がアップ。肌あれやむくみの悩みもきっと解消できるはず。晴れやかな気持ちで、春を満喫してくださいね!

メロン
アミラーゼとプロテアーゼが豊富。生ハムメロンは、プロテアーゼが、ハムのタンパク質を分解
パイナップル
プロテアーゼがタンパク質を分解。酢豚に使われるのも納得! 調理の際は加熱を避けて
キャベツ
アミラーゼ、プロテアーゼがたっぷり。とんかつのほか、から揚げやフライの付け合わせに
大根
アミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼを含む。焼き魚やだし巻き玉子、天ぷらなどの付け合わせに大活躍
山芋
アミラーゼが豊富。糖質の分解を助けてくれるので、ご飯や蕎麦と一緒にどうぞ!