fufufu TOP  > 連載記事一覧  > 貯筋の時間  > 鎖骨美人になる方法!夏までにしたいデコルテ エクササイズ

いきいき(^^)運動習慣

鎖骨美人になる方法!夏までにしたいデコルテ エクササイズ

掲載号 vol.20

Vol.4

記事内容

  • 若々しいデコルテ周りを叶える。

読了時間:4分

この先生に聞きました!

安藤誉先生

安藤誉先生

あんどう ほまれ

株式会社ルネサンス 営業企画部フィットネス セクション課長 
プログラム企画・人材教育・品質管理担当スーパーバイザー

クライアントの理想を引き出す独自のカウンセリングが高く評価され、パーソナルトレーナーとしてのキャリアを築く。現在は、その経験を活かしトレーナーの教育・育成に努める。スポーツクラブ・プログラムの品質管理、オペレーションシステム開発なども行う

この先生の他の記事をみる

若々しいデコルテ周りを叶える。

まずはcheckこんなこと当てはまりませんか?

  • □カバンはいつも同じ手で持つ
  • □上半身の疲れが取れない
  • □首周りが張っている
  • □バストの位置が下がってきた気がする
  • □肩こりが気になる
  • □肌が荒れやすくなった

ひとつでも当てはまる人は……

若々しいデコルテ周りを叶える。

鎖骨から胸にかけてのデコルテ周りは、筋肉が衰えることによって不健康に見えたり、疲れが取れにくくなるなど、身体にさまざまな影響を与える場所です。美と健康のためにも、ここの筋肉を鍛えて若々しく見えるデコルテ周りを目指しましょう。

大・小胸筋&肩周りの貯筋でむくみや肌トラブルを解消!

鎖骨から胸の周辺はデコルテといい、女性らしさを表現する大切な場所。見た目の印象に影響を与えることから"第2の顔"と呼ばれ、年齢とともに筋肉が衰える場所でもあります。筋肉が衰えてくると、長時間同じ姿勢でいるなどの影響で鎖骨が気づかないうちにゆがんできます。すると身体のバランスが崩れ、疲れが取れにくくなり、肩こりが起こることもあります。また、リンパの流れが悪くなって老廃物が溜まりやすくなり、肌トラブルの原因にもなってきます。
つまりデコルテ周りは、身体の美と健康にとても関係しているのです。

これからの季節は、襟元のあいた服を着る機会も増えてきます。女性らしさを際立たせるためにも、今からデコルテ周りの貯筋を始めましょう。大胸筋や小胸筋を鍛えることでデコルテ周りがきれいになると、疲れや肩こりが解消するだけでなく、血行がよくなることで顔色もよくなるので、見た目の印象も若々しくなりますよ。

若々しいデコルテ周りを叶える。

1回5分、デコルテ周り貯筋への道。

鎖骨のゆがみを正し、リンパの流れを良くするデコルテ周りのエクササイズを紹介します。
胸や肩が張ってきたら、筋肉が使われているサイン!

エクササイズの基本

まずは1セット10回×3からスタートし、無理なく行える範囲で続けてみましょう。楽に回数をクリアできるようになったら、1セット20回×3を目指しましょう。

エクササイズその1

STEP1
テーブルなどの端に手を置き、かかとが少し上がる程度に身体を傾けて立つ。手と手の間は肩幅よりやや広くします。
STEP2
背中を伸ばしたまま、胸をテーブルに近づけます。肘が背中より後ろに出るくらいまで近づけましょう。
STEP3
背中を伸ばしたまま、近づけた身体を元の位置に戻します。

先生からのアドバイス

NG

疲れてくると腰が引けて、猫背になりがちです。
背中が真っ直ぐ伸びていることを意識して。

エクササイズその2

用意するもの:エクササイズチューブ

STEP1
チューブの片方を家の中の固定できるものに巻き、チューブがピンと張る位置に立ちます。その際は足を肩幅に開き、鍛える方と反対の足を一歩前に出して。腕は真横に開き、肘を伸ばします。
STEP2
腕を伸ばしたまま、身体の正面に向かって水平に腕を振ります。1秒ほど腕を止め、ゆっくり元の位置に戻します。

先生からのアドバイス

ポイント:腕を振る際は、こぶしが身体の中心に必ず来るように意識

NG:チューブがたるんでいると筋肉に作用しないので注意。

この記事の関連記事

もっとみる