fufufu TOP  > 連載記事一覧  > 作り置き三ツ星レシピ  > れんこんを使い切り!作り置きレシピ&保存法

しっかり!栄養レシピ

れんこんを使い切り!作り置きレシピ&保存法(1/2)

掲載号 WEB限定

vol.12

かしこく!おいしく!健康に!作り置き三ッ星レシピ 野菜ぜんぶ使い切り!かしこく!おいしく!健康に!作り置き三ッ星レシピ 野菜ぜんぶ使い切り!

今回の野菜

れんこん

旬:11〜3月

れんこん

旬の野菜を上手に使い切って、かしこく、おいしく、そして健康に役立つ作り置きおかずを毎月ご紹介。2月の野菜は風邪予防につながるビタミンCや食物繊維を多く含む「れんこん」です。さらに、カリウムや鉄など不足しがちなミネラルの補給にも役立ちます。そんな美と健康にうれしい「れんこん」の作り置きレシピをご紹介します。

記事内容

読了時間:5分

れんこんを使い切り!
作り置きレシピ&保存法

おいしい野菜の選び方

丸ごとのれんこんは、皮がうす茶色でみずみずしく、ふっくらと肉厚でまっすぐな形のものを選びましょう。カットされているレンコンは切り口の変色がなく、穴の大きさが均一で黒くなっていないかをチェック。

切ってあるレンコンは穴の大きさや色を確認

野菜を上手に使うコツ

1保存のコツ
丸ごと:冷蔵庫1週間 
カット:冷蔵庫3〜4日

丸ごとのれんこんは新聞紙やキッチンペーパーで包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫へ。カットしたものは湿らせたラップをぴったりとして冷蔵庫で保存しましょう。冷蔵庫から出したものや使う前に水に浸けると割れやすいため注意してください。

2調理法のコツ

れんこんは加熱の仕方で歯ざわりや食感が変わります。さっとゆでるとシャキ、焼くとシャキモチ。蒸したり、ゆっくり煮るとモチッ。いろいろな食感が楽しめます。

下ごしらえはまとめて時短!

れんこんは空気に触れると変色しやすいため、調理の前に水にさらしてアク抜きしましょう。色よく仕上げたい酢の物やサラダは酢水につけると白くなります。

変色させない冷凍保存

冷凍保存するときは皮をむき、輪切りにしてから、変色しないようにさっとゆでる。もしくは、酢水に浸けて、水気をとってから冷凍庫に入れましょう。凍ったまま炒め物や煮物に使いましょう。

次のページでは、れんこんを使ったレシピをご紹介します。

この記事の関連記事

もっとみる