fufufu TOP  > 連載記事一覧  > あなたの常識、それ本当?  > 風邪予防に、きのこが優秀!上手な取り入れかたとは?

なるほど!食の知識

風邪予防に、きのこが優秀!上手な取り入れかたとは?(1/2)

掲載号 vol.22

あなたの常識、それ本当?

美と健康のために正しいと思うこと。その常識を「あなたの常識、それ本当?」は徹底検証していきます。今回のテーマはダイエットに効果的で、太らないイメージのある食材「きのこ」。栄養もあまりないように思われがちですが、果たして本当でしょうか。きのこの持つ力について、専門の先生にお聞きしました。

記事内容

読了時間:4分

この先生に聞きました!

服部津貴子先生

服部津貴子先生

はっとり つきこ

服部栄養料理研究会会長

海外の料理学校に留学の後、服部栄養専門学校の理事として学園の教壇に立つ。また、食育を広める活動にも積極的に携わる

この先生の他の記事をみる

意識して食べることで風邪に負けない身体に!

秋になると旬を迎え、いろいろな種類がお店に並び始めるきのこ。食卓にもよく登場するので身近な食材ですが、その栄養素を意識したことはありますか?

きのこ

「実はきのこには、栄養がたっぷり含まれています。中でもビタミンDの含有量が豊富なんです。ビタミンDは身体の免疫機能を高めてくれる効果もあり、私たちの身体にとって大切な役割を担っているんですよ」

と言うのは、服部栄養料理研究会の服部津貴子先生。ビタミンDは紫外線を浴びることによって人間の体内で生成できる唯一のビタミンで、“太陽のビタミンとも呼ばれています。ですが、日照時間が少なくなり、屋内で過ごす機会も増えてくるこれからの季節は、一年のうちでもっとも体内でのビタミンDの生成が減っていきます。

「だからこそ、秋以降はより意識してビタミンDを摂取することが大切で、それにはきのこが最適なんです。免疫機能が高まることは、身体を風邪などの感染症から守ってくれることにもつながるんですよ」

Q&Aでは、きのこに関する疑問にお答えし、その効果的なとり入れ方もご紹介していきます。この秋冬こそ、きのこを積極的に食事にとり入れて、風邪などに負けない身体作りを心がけましょう!

この記事の関連記事

もっとみる