fufufu TOP  > 連載記事一覧  > あなたの常識、それ本当?  > 健康の味方に!チョコレートの真価とは?

なるほど!食の知識

健康の味方に!チョコレートの真価とは?(1/2)

掲載号 vol.19

Vol.13

tit_jyoshiki

美と健康のために正しいと思うこと。
その常識を徹底検証していきます。

記事内容

読了時間:8分

この先生に聞きました!

板倉弘重先生

板倉弘重先生

いたくら ひろしげ

医療法人社団エミリオ森口 エミリオ森口クリニック理事長

日本臨床栄養学会理事長、日本栄養改善学会理事、日本栄養・食糧学会副会長、日本動脈硬化学会評議員名誉会員、日本病態栄養学会理事ほかを歴任。2009年度国際栄養学連合(IUNS)のFellowに認定(栄養学研究分野で顕著な貢献をした世界の研究者10名のひとり)

この先生の他の記事をみる

健康への効果はカカオ含有率がポイント!

ドリンクで気軽に元気をチャージ

チョコレートは砂糖や粉乳などが入っているため、食べ過ぎると肌によくない、太りやすい、というイメージがありますが、本当なのでしょうか?

「むしろ身体にいい食べ物なんですよ。ただし主原料であるカカオの含有量が70%以上のチョコレートを選ばなければなりません」と話すのは、日本におけるチョコレート研究の第一人者であり、エミリオ森口クリニックの理事長でもある板倉弘重先生。
「カカオ中のカカオマスには、カカオポリフェノールを筆頭に、健康にいいとされる成分が含まれていて、カカオ含有率70%以上のチョコレートだと、これらの成分を多く摂取することができるんです。これまでの研究では、集中力を高めたりリラックス効果があるだけでなく、カカオポリフェノールの抗酸化作用によって動脈硬化や高血圧の予防につながることがわかっています。食物繊維も含まれていて、整腸効果も期待できるんですよ。さらに最近では、がんやアレルギーへの予防効果も期待できることがわかり、現在世界中で研究が進んでいます」と板倉先生は言います。

「おいしいだけでなく、正しく選べば健康効果も期待できるなんて、チョコレートはすごいと思いませんか?」

私たちがチョコレートに対して抱いているさまざまな疑問。次ページで正しい情報を知り、おいしく、楽しく、そして健康のために、チョコレートの種類や食べるタイミングを上手に選べるようになりましょう。

この記事の関連記事

もっとみる