fufufu TOP  > 連載記事一覧  > やえやまファームの春夏秋冬  > 石垣島の野菜や果物がいっぱい。農場直営店『畑のマルシェ』

ほっこり癒しの時間

石垣島の野菜や果物がいっぱい。農場直営店『畑のマルシェ』

掲載号 vol.11

Vol.3

記事内容

  • 石垣島の恵みを届ける「畑のマルシェ」。

読了時間:5分

この先生に聞きました!

宮谷茂会長

宮谷茂会長

みやたに しげる

『やえやまファーム』会長

関西出身。9年前に石垣島で有機農業をスタート。作物栽培から加工・販売まで一貫して手がけている。また、農業の大切さを発信するために、グリーンツーリズムなどを融合させた事業も展開

この先生の他の記事をみる

石垣島の恵みを届ける「畑のマルシェ」。

やえやまファームの直営店がオープン。

皆さん、こんにちは! 石垣島・『やえやまファーム』の宮谷です。いよいよ冬の到来ですね。石垣島もこの時期、気温は下がりますが、それでもやはり暖かい。ここ数年13度を切ることはほぼなかったんですよ。まさに常夏の島です。

そんな石垣島に、2012年7月、やえやまファームの直営店『畑のマルシェ』をオープンしました。ファームで育ったオーガニックの野菜や果物をはじめ、それらを利用したジュースやハーブティー、スイーツなどをそろえています。中でも「石垣島ジンジャーエール」は、人気商品のひとつ。ファームで採れた生姜をたっぷりと使った、ピリッと刺激的な味わいです。このピリッとした辛さは、石垣島の生姜特有のもの。同じ生姜種でも、本州で育つのと石垣島で育つのとでは味が変わるんですよ。強い日差しなど、過酷な環境によって辛味が凝縮するのでしょう。生姜の辛味成分や香り成分には、さまざまな効果があるとされていますから、健康にも役立つ飲み物だと言えます。

“食べる人のための農業”を目指して。

私たちが『畑のマルシェ』を作ったのは、「“食べる人のための農業”を目指したい」という思いがあったからです。ファームの作物を直接販売できるお店を持つことで、その理想に近付けると考えたのです。作り手の顔が見える、安心・安全な野菜や果物を提供することができますし、採れたての新鮮なものをお届けできる。食べてくれる人の笑顔が、私たちにとっての喜びなんですよ。

島野菜を絶やさずに復活を目指したい。

そして何より嬉しいのは、お客さまの声を直接聞けること。例えば、有機野菜は農薬を使わないので収穫時期や量が読めませんし、形も不ぞろいですが、それでもおいしさや安心を求めて有機野菜を買ってくださる方々の声は、私たちの支えにもなります。お店は、来てくださるお客さまと触れ合える場所。お客さまの望みをうかがうことで、また理想の農業に近付けると、ワクワクしています。

また、やえやまファームで育ててきた島野菜を、多くの人に紹介できるようになったのも喜びのひとつです。育てた島野菜の中には、栽培する人が減って、島内でも見かけなくなったものもあるんですよ。店ではそれらを並べるだけでなく、料理の仕方などもお伝えできるように努めています。

そうして島野菜を絶やさずに育て、島内の人にも本州の人にも食べてもらって“島野菜の復活”を目指したい。そのためのヒントも、この店で見付かるかもしれませんね。

今後も『畑のマルシェ』を通じて、“食べる人のためになる農業”を目指したいと思っています。石垣島を訪れた時は、お立ち寄りくださいね。八重山諸島観光の拠点・石垣港に近いのでアクセスも便利ですよ。

1,店を彩る新鮮な野菜たち。貼られたシールは、有機野菜である証。2,ハーブやスパイスをミックスした、「石垣島ジンジャエール」¥525〜
3,オーガニックのハーブティー¥840〜 4,ファームで採れた生姜。強い辛さが特徴。 5,炒め物や天ぷらにするとおいしい島野菜の四角豆。花も食べられるそう

畑のマルシェ

店内には「やえやまファーム」で育った、採れたてのオーガニック野菜や果物、本州でも人気のパインジュースやジンジャエールなどの加工品など石垣島の恵みがズラリと並びます。めずらしい島野菜も販売。スタッフが調理方法なども教えてくれます。
●石垣市美崎町8-15 ラフォーレ石垣1F  ☎0980-87-5402 営業時間/9:00〜20:00
http://www.yaeyamafarm.net/ http://www.vacation-farm.com

この記事の関連記事

もっとみる