fufufu TOP  > 特集記事一覧  > 近視は万病のもと!?近視の予防&進行抑制のための7つの対策

知っトク!?健康スキル

近視は万病のもと!?近視の予防&進行抑制のための7つの対策(1/5)

掲載号 vol.30

遺伝、スマホの見過ぎ、だけじゃない!わかり始めた、近視のホント。遺伝、スマホの見過ぎ、だけじゃない!わかり始めた、近視のホント。

近視の原因だと言われている、遺伝やテレビ・スマホの見過ぎ。それは間違いではないようですが、ただ、それだけではありません。最近、近視の研究が進み、さまざまなことがわかってきたのです。近視にさせないために、そしてこれ以上進ませないために。今わかっている“近視のホント”をお伝えします。

この先生に聞きました!

鳥居秀成 先生

鳥居秀成 先生

とりい ひでまさ

慶應義塾大学医学部
眼科学教室

眼科専門医、医学博士。慶應義塾大学医学部卒業。横浜市立市民病院での研修後、慶應義塾大学医学部眼科学教室に入局。眼科領域全般の臨床経験を積み、眼科専門医取得後、近視研究を本格的に開始。日本医師会認定健康スポーツ医でもあり、全国高等学校体育連盟(高体連)空手部の大会ドクターも務める

この先生の他の記事をみる

わかり始めた、近視のホント。

たかが近視ではない!近視は病気ととらえて。

昔から海外の映画や風刺画などで、メガネ着用で描かれることが多い日本人。近視が多い民族とされ、人口の約半数に当たる、6198万人(2010年時)もの人が、近視だと言われています。しかし、それほど身近にあるものだからか、近視を深刻な問題としてとらえられていないようです。
※Holden et al, Ophthalmology.2016

「メガネやコンタクトレンズで矯正できることから、さほど心配していない人が多いようですが、私は病気として考えるべきだと思っています」と、慶應義塾大学で、近視の研究に取り組む鳥居秀成先生。

例えば風邪も病気とはとらえられないようですが、肺炎などの合併症を起こすこともあります。

「風邪が万病のもとと言われるように、近視も万病のもとだと言えます。近視が進むと、網膜剥離や、日本人の失明原因の1位である緑内障のリスクが高まるなど、さまざまな目の疾患につながると考えられています」

驚くべきことに、近視は現在、世界的に増加中。しかもそれは“爆発的な”レベルで、本来、感染症の流行を表す“パンデミック”という言葉まで使われるほどです。

「特に日本をはじめとする東アジア。約50年間の増加率は、香港で約8倍、韓国・台湾で約4倍(下のグラフを参照)。世界でいったい何が起こっているのか? と思うほどの、爆発的な増加です。2050年には、実に世界人口の約半数が近視になるとの予測も発表されています」

もはやパンデミック並み。東アジアで近視が急増! 20歳での近視割合(推定値) 香港、台湾、シンガポール、韓国で、20歳での近視の有病率を調査。1960年頃から、急激に近視が増加している

近視の進行が、子どもだけではなくなってきたことも、かなり深刻な問題です。

「かつて近視は、小学生の頃に発症し、20歳頃で進行が落ち着くと言われていました。しかし、今は大人になっても進行が止まらないだけでなく、大人になってから近視になることもあるのです」

近視の増加は、パソコンやスマホなどデジタル機器の普及が原因? そう思われるかもしれませんが、実はそれだけではないことがわかってきました。最新の研究によって明らかになってきた“近視の本当”は、私たちが知っている“近視の常識”とは異なるものだったのです。

たかが近視と考えないで。“見える”という幸せを失わないために、まずは、何が近視の本当なのか? を見つめてください。

この記事の関連記事

もっとみる