fufufu TOP  > 特集記事一覧  > 体温+1℃で免疫力は5~6倍あがる?!温めて病気予防!

知っトク!?健康スキル

体温+1℃で免疫力は5~6倍あがる?!温めて病気予防!(4/6)

掲載号 vol.11

熱を生み出す筋肉を作ろう!スクワット&アイソメトリック運動。

下半身を強化して、熱を生み出す筋肉を強化! おなじみのスクワットや、筋肉を効果的に刺激するアイソメトリック運動でトレーニングしましょう!

鍛えるべきは下半身。日常に運動を取り入れよう。

人の身体は常に熱を発生しています。その中で産熱量が40%と、最も多いのが筋肉です。さらに、筋肉の70%以上は下半身に集中しています。つまり体温を上げるためには、下半身の筋肉量を増やすのが効果的なのです。

おすすめはウォーキングや、雨天でも部屋の中で行えるスクワット、筋力トレーニングの一種・アイソメトリック運動(ストレッチのように筋肉を伸縮させるのではなく、筋肉の長さを変えずに力を加えて鍛える運動)。どれも、特別な道具が不要で、専門の施設へ出かける必要もなく、思い立ったらすぐにスタートできるのが魅力です。

こうした運動をどれか1種類だけでなく、ウォーキングを基本に、スクワットとアイソメトリック運動という筋力トレーニングも組み込むことで、効果がより高まります。

下半身を鍛えると、冷えや血行不良が解消できるほかに、全身が引き締まるなど、美容面でのうれしい効果も期待できます。大切なのは、家事の合間など、日常の習慣として取り入れること。筋力が付いてきたら、徐々に回数を増やしていくとよいでしょう。

がんばり過ぎない程度にコツコツ続けて、体温アップとスタイルアップを目指しましょう!

下半身を鍛える定番! 効果的に下半身を鍛えるスクワット

下半身の屈伸を繰り返し、下半身の筋肉を鍛えるのに効果的。スクワット10回を1セットとして、3セット(つまり30回)から始めて回数とセット数を増やしていきましょう。

筋肉を効果的に刺激! 関節への負担を抑え、効率よく筋力アップアイソメトリック運動

ひとつの姿勢で60%程度の力を入れ、約7秒キープするのが基本。8種のエクササイズを1セットとして、1日2~3セット行うのがおすすめ。筋肉痛になりにくく、関節への負担も少ない運動です。



この記事の関連記事

もっとみる